住宅宿泊管理業者 委託費用比較

2018年6月15日に施行された住宅宿泊事業で筆者は旅館業、簡易宿所をはじめ民泊など複数の施設を展開していました。

区や市の保健所に届出申請をしたところ、担当者から話を聞くと住宅宿泊管理業者に委託をしてください、と。。。住宅宿泊管理業者とは?

住宅宿泊管理業者比較

家主居住型でもあっても数時間の外出や数日の旅行で家を空ける場合。
筆者のように空き家や空室を貸し出す家主不在型の場合。

家主不在型の場合は当然委託しなければならないが、家主居住型であっても旅行期間中で不在になったり数時間の外出をする場合、結局は住宅宿泊管理業者に委託をする必要があるんです。

困ったことにこれまで委託していた民泊代行業者の中には、住宅宿泊管理業の届出が許可が下りずサービス終了していく会社がいくつかありました。

保健所の担当者から言われるがまま住宅宿泊管理業の登録番号を取得している業者を探してみたところ、全国一覧でこれだけの管理業者が出てきました。

関東などに限っては600以上の業者がいます。

一覧を見ていると個人でやっていたり、不動産会社がやっていたり、社名で検索するとホームページもなかったり。
個人で住宅宿泊管理業者をやっていることが悪いとは思いませんが、複数物件でトラブルがあり駆け付けが必要な場合、どうするんだろう。と素朴な疑問。

どの会社に委託をすればいいの?何を基準に選べばいいの。民泊を自分で運用する場合、住宅宿泊管理業の委託料っていくらなの。この会社大丈夫かな。などなど、

委託契約だけしたいと思ってインターネットで検索しても数社しか出てこないという結果にまずは驚きます。
そのため、筆者は目星を付けて実際にメールで問い合わせをしてみました。
委託料金や月額費用もそれぞれで運用マージンほど請求されるところもありました。 汗

筆者が実際に問い合わせをして、掛かる費用・料金や委託してみて分かったことなど実体験をもとにレビューしてみました。


YUMEYUME Travel
初回登録料:20,000円(契約書作成、アドバイス、運営サポート)
月額固定費:2,000円
筆者コメント:メールの返信も早く明朗会計。初期費用は少し高い印象。アドバイスがメインというより契約書を急いでいる事業さん向けかな。運営サポートは一度も相談したことがないのでどこまでアドバイスがもらえるか不明確。1物件お願いしてみましたが、そつなくこなしてくれます。

スピード:★★★★☆

柔軟性 :★★★★☆

対応力 :★★★★★

料金  :★★★★☆

総合  :4.2ポイント



株式会社クロスワン
月額料金:15,000円または25,000円(契約書)
筆者コメント:メールの問合せから少し時間が経ってから返答がありました。サイト上では少しわかりづらい表記。平日と休日で料金が変動しているそう。旅行者は平日も週末も関係がないのでもう少し柔軟に対応していただけると。月額料金は少し高めですが、それなにりサポートしてもらえるのかと。残念ながら今回はお問い合わせのみとしました。

スピード:★★★★★

柔軟性 :★★★☆☆

対応力 :★★★☆☆

料金  :★★★★☆

総合  :3.7ポイント



Minpak
初期費用:18,000円(契約書作成、アドバイス、電子宿泊者名簿タブレット提供)
月額固定費:3,000円
筆者コメント:運用代行もお願いしていますが、住宅宿泊管理業の契約のみも対応可能で柔軟。大手代行業者さんなので安心は安心。契約書は条件を聞いてすぐに作ってくれます。申込み時期により多少遅れてしまうケースも。初期費用も宿泊者名簿システムのタブレット導入とそのシステム料として3,000円を支払うだけなので費用対効果としては一番かな。複数物件契約のみをお願いしています。

スピード:★★★★★

柔軟性 :★★★★☆

対応力 :★★★★★

料金  :★★★★☆

総合  :4.5ポイント


有限会社キタムラコーポレーション
初期費用:5,000円(契約書作成、帳簿管理、緊急時電話対応、駆けつけ別途料金)
月額固定費:8,000円
筆者コメント:問合せからレスポンスが少し遅かった印象。埼玉県がメインのようです。物件にスマートフォンかタブレットを用意しなければならないようです。初期費用は控えめですが、月額費用で結構掛かってしまうので1年以上契約をする方は要検討。

スピード:★★★★☆

柔軟性 :★★★☆☆

対応力 :★★★★☆

料金  :★★☆☆☆

総合  :3.2ポイント




以上、ざっと3社しか出てこなく、返信がなかったり明らかに嫌がられ法外な料金を言ってきたりも当然ありました。

まだまだ少ないですが、今後も増えていくといいですね。

これから住宅宿泊事業を検討のオーナー3社以外に自力で探してみるのも1つの方法です。